文字色 Archives[ 2006年10月 ] - 路に生きる

バイト終了

2006年10月31日 23:13

20061106011856.jpg


10/28音楽教室、10/30スポーツクラブの勤務最終日でした。

それぞれ2年8ヶ月、2年3ヶ月と短いようで長い間お世話になりました。

どちらの勤務先もとてもいい人が多く、仲良く楽しくお仕事させて頂きました。

花束、紅茶、お菓子etc、本当にたくさん頂いて、こんなにしてもらっていいのかなって。

メールやお手紙も頂きました。

最終日は勤務日でないのに来てくれた人もいたりして。


きっとこんなことは私の人生最初で最後だと思います。


さびしいし残念だけど頑張って!と
温かく見送ってもらい、
物より何より、皆様のお気持ちがすごく嬉しかったです!!

今までお世話になりました。
本当にありがとうございます!!
出会えて、一緒にお仕事できて、幸せでした!!

Live ART HOUSE

2006年10月30日 23:08

ショートステージサミット "心響アンプラグド"
中本京介[EVER6]/ 和田優司 / 路生 / 松浦大樹 / 加藤拓[空蝉] /
Name is Free[エムクラフト.] / ココロネ/稲村太佑[アルカラ]

バタバタしてて、いつもに増してほとんど練習しないで臨んだライブ。

昨日100人の前で緊張しなかったから大丈夫!なんて言い聞かしてみたけど・・やっぱだめで。
緊張って言うか、落ち着いて余裕もってできない。


でも少しずつだけど周りが見えてきた気がする。

ライブ後言われたこと、

「もっと歌に表情をつけてみて」

しっかり頭にとめて、次のライブに生かしたい。

どんどんライブ出て慣れてください、って
有難いことに
11/28(火)、12/4(火)
続けて出演させてもらえることになった。

次はもっといいライブにするぞ!

♪今日の出演者の方々

☆中本京介くん
 2度目の競演。パッチリ瞳、魅力ある声の若きボーカリスト。
 11/30(木)に彼の所属しているバンドEVER6のライブがART HOUSEであ るそうなので、行けたら行きたい。

☆和田優司さん
 お久しぶりの出演だったらしく。楽しい感じの曲調。帽子がお似合い で、笑顔がすてきでした。

☆松浦大樹さん
 ギター、歌、つくづく上手い。40万のギブソンの白エレキギター。
 楽屋で和田さんのコードに即興でメロディーを弾いてた。かっこよい
 なあ。

☆加藤拓[空蝉]さん
 特徴ある歌い方。すごくキーが高い。MCではガンダムネタ連発。私の お客様がガンダムファンらしく、加藤さんの問いに即座に返答。二人 の世界でマニアな会話が繰り広げられてました(笑)
 ライブ後、三国志のカードを見せてくれた加藤さん。ゲームセンター
 のゲームで対戦し手に入れるものだそう。テーブルにカードを並べて 語る姿は、ムシキングや恐竜キングのカードを自慢する小学生とかぶ ってしまったり。男の人って子ども大人にかかわらずひとつの事にハ マったらとことんなとこある。コレクターの才能を生まれ持っている のでは?となんか感心。

☆Name is Free[エムクラフト.]さん
 バンド・エムクラフトのボーカル&キーボードのお二人。
 キレイな女性らしい声で、涙そうそう+オリジナル曲2曲を演奏。
 11/30(木)のライブに出演されるそう。

☆ココロネさん withアンディーさん
 元夕凪さん。名前を変えて登場。
 いつものことながら、半分以上トークショーで大爆笑。
 私の友はすっかりココロネさんのとりこ。
 歌も、もちろん素敵でした。

☆稲村太祐[アルカラ]さん
 1曲目ーココロネさんテーマの本番直前即興曲。
 2曲目ーアルカラのオリジナル曲。猫じゃらしが猫に恋する歌。
 3曲目ーありがとう、心響アンプラグド。
 楽屋でギター弾きながら今日やる曲を作る稲村さん。すごい。
 11/14、12/1、12/30にART HOUSEでアルカラとして出演されます。
 バンドの稲村さん、ぜひ観に行かねば。


 

ボーカル&ギター発表会

2006年10月29日 23:11

ボーカルとギターを習っている音楽教室の発表会。

大人の生徒さんたちばかりの発表会で幅広い年齢の方が出演されてた。
お昼間からのスタート。
一部は楽器中心、二部はバンド中心の構成。

初めて人前で演奏する人、昔ブラバンでやってたけど引退して大人になって結婚し子育てし落ち着いてまた始めた人、
いろんな人がいると思うんだけど、ひとつ言えるのは皆さん人前で演奏する機会がめったにないんだろうなってこと。

緊張と興奮が楽屋裏に漂っていて。初々しい。

おしゃれして背筋を伸ばして歩く奥様、お姉さま、
いいなって思った。
主婦さんや会社員さんOLさんが日常を離れて輝いてる。
絶対こういう機会はあっていいもの。
大人の発表会は子どもとはまた違う価値がある。

私は二部にギターボーカルで出演。
ギターボーカル、ギター、ベース(先生)の三人の異色ユニット。10人前後の編成が多い中、少人数で広い舞台にちょこっと座った。
共演の子のお母さんによると、オリジナル曲って司会の人が言った瞬間「おおっ」って声が上がったらしい。
・・そんな大したものじゃないけど、先生のアレンジによって大分かっこよくなった『月花』を演奏。

いつも10~20人くらいの前でライブしている私。
今日は50~100人の前で初めてホールでの発表会。
緊張・・全然しなかった。いつもはするのになぜ?

思うんだけど、30人くらいまでの少数が一番緊張するみたい。距離も近いほど緊張する。カラオケ苦手なのもきっとそれかなー。

100人以上とかいて距離離れてたら開き直って落ち着くらしく。そういえば昔、体育館で生徒会長候補応援演説した時も緊張しなかった。クラスの帰りの会で発言するの緊張したのに。

人多いと、人の顔が見えないからね。

でもそれって大きいハコのいいとこのような、悪いとこのような。
ホールはホールの良さがあるけど、ライブハウスはライブハウスの良さがきっとあるはず。

もっと近い距離でお客さんの表情見ながらリラックスして歌えるようになりたいな。


今回、ギターの子と先生がいてくれたことが心強かった。
誰か一緒に演奏するっていいなって、もりっき~さんの日にも感じたけど、つくづく思う。そういう機会ってまたほしい。

cafe Sion-シオン-

2006年10月27日 02:30

cafe Sion

cafe Sionのカフェごはん


高架下にあるおしゃれカフェ。

ライブハウスへ行く時に通りすがり路地に咲く花のような可愛らしさに目を奪われ気になっていたものの、ライブがなければあまり行かない三宮東の高架下。

ミクシィのコミュニティにもおすすめ!ってあったし、一回行きたかったし、とギターの重さに疲れた自分を励ましながらやって来た。

「いらっしゃいませ、どうぞー」感じのいいカフェ的カジュアルな店員さん。
「お荷物お預かりしましょうかー?」やさしい、癒し系の彼女にギターと心の荷物も預けて二人かけソファ席へ一人でゆったり。

茶と白基調の店内。

秋らしい飾りもある。

落ち着くなぁ。ここ本当に高架だっけ。ガタガタ過ぎる電車を遠くに聞
きながらまったりランチ。

カフェごはんランチ 豆腐カレー、こいものサラダ、紅茶のシフォンケーキで\840+ドリンク\105=¥945。

カレーはカフェの味。香辛料の感じが家とは違う。この違いってなんだろうーって考えているまに食べ終わってしまう。カレーは食がすすむ。
こいもはあっさり体によさそう。紅茶のシフォンケーキ、香りがよい。ドリンクはホワイトグァバジュース。おいしい!カクテルみたい。

アクセサリーのフリマや陶器の展示などイベントごともあるらしい。スタンプカードも作ってもらったことだし。また行かなきゃ。違う顔も見てみたい。

ギターを入り口まで持ってきてくれた店員さん。癒されたおかげで、疲れがとれて足取りが軽くなりました。

LIVE IN MONSTER GATE

2006年10月24日 23:17

♪奏音集会 もりっき~の日♪
ユタカ/路生/龍/作人/大柴広巳

もりっき~&路生

みなさん上手い!!レベル高かったー。

☆ユタカさんーソフトないい声。うまいです!

☆龍さんー本当ミスチル似の声。CD買わせてもらって何回も聴いていますが、ミスチルの昔の曲と言われたら信じます。でも真似とかじゃなくてオリジナルのいい曲作ってらっしゃいます。一回聞いて頭に残る曲作るってすごい。
散歩道のI LOVE YOU♪ライブで一緒に歌いたくなったもん。

☆作人さんー楽屋で盛り上げ役だった作人さん。ギターうんちく話いっぱい教えてくれました。師匠って呼ぼうかと思った。ライブでは真剣な表情。いろんな顔を持ってる人。
CDどの曲もいいのに私の頭を回るのは男の目指すアッ
トホームなイエイエ~♪いや、この曲もいいんだけど。すごい楽しそうな雰囲気。大好きです。

☆大柴広巳さんーカラオケに曲が入ってるというデビューされてる人。特別ゲスト。なんか空気持ってました。柔らかい声、才能ですよね。絶対口説けますよね。
周りに穏やかな昼の風が吹いてました。22時なのに。すごい。

☆もりっき~さんーカホーン奏者。私の曲に合わしてくださいました。初めてやる曲でも、完璧。曲の空気を瞬時に読んでカホーンで表現するその才能に感服。こんな歌とギターでほんとすみません。次の機会を与えていただいたので、もっと頑張ってきます!

みなさん仲良くアットホームで楽しかった♪いろいろ勉強になったし。次のライブも楽しみ(>▽<)

次のライブのお知らせを。
11/14(火)モンスターゲート19時~\1500 ドリンク代別
もりっき~さんの日で、もりっき~さんとピアノのユニットも見れます。

写真は路生&もりっき~さん。
迷彩柄のカホーンかっこいい!限定版らしい。

葉加瀬太郎コンサート

2006年10月18日 23:05

20061023140549


神戸国際会館に葉加瀬太郎の10周年ライブを観に行ってきた。
客層は20~50代女性が中心、30、40代男性もちらほらで満席。

西洋の屋敷のパーティのようなセットの中で開演。

アナザースカイ、カラーオブライフから始まり、エトピリカ、TO LOVE YOU MORE、冷静と情熱の間とヒット曲を続けトークをはさんで比較的新しい曲、流転の王妃、ファイナルファンタジーのメインテーマ+もう1曲で1部終了。

2部は葉加瀬さんの師匠、古澤巌氏を迎え冬のイルミネーションに輝く街中のようなセットをバックにバイオリンの共演。

個性的な2人のバイオリンは、リズムが弾み絡み合い、追っかけこして駆ける子供みたい。お互い尊敬しあってることが伝わる。ヒバリという曲では合間に鳥の鳴き声を真似て会話する場面もあり観客の笑いを誘っていた。 

今回のバンドはポーランド出身24才繊細なピアノ、ライブで握手会の時デモテープを渡され音と技術に惚れこみ即電話してスカウトしたという23才のギター、骨太な音で支えるコントラバス、女性パーカッション、10年近く一緒にしているというイナバウアーが得意なチェロ、ビオラ、アコーディオン、キーボードなど多種楽器をこなす何でも屋さんの6人。
一人一人素晴らしいのだが、葉加瀬さんが加わるとパッと花が咲いたように明るくなる。うまいなぁではなく、一音聴いただけで適わないと思う。

鳥肌が立つのはきっと寒いからじゃない。

自然のように深い音色。

演奏、ではない。あれは歌だ。

彼の感受性が溢れ、気持ち良く届く。

ユーモラスなキャラクターで観客を笑わせた後、リラックスしたまま楽しそうにバイオリンを奏でる彼。人間性は音に出る。

コンサートは終始とてもいい雰囲気だった。

音とリンクしてバックに流れる映像、ライブの進行もこだわりがうかがえた。ただのコンサートではなく、愛情のこもった大事なコンサートなのだということが強く感じられた

写真はストラップ\1500。ハート柄が描かれた白いバイオリンがモデル。これをつけて思い出しながらギターを弾いたら少しはうまく弾けるーかも。

GREEN HOUSE

2006年10月12日 14:00

GREEN HOUSE 入り口


磯上公園の近くってことだけを手がかりに探してたらフッとカフェのメニューを書いた黒板を発見。母娘が楽しげに入っていくのを見て、グリーンハウス見つからないならここでもいーや、と私も後を続いてみれば、なんとここがグリーンハウス。ついてるぞ。

入り口は道沿いから少し入ったとこ。誰かのおうちみたいな落ち着いた入り口。ひっそりとたたずむ人気カフェに好感を覚えながら店内へ。

入るとすぐ水のせせらぎが聞こえてきた。店内までの廊下の壁ぞいに水が流れる。廊下を抜けると広がる店内。天井が高い!お好きな席へといわれ、2階のロフト席へ。

店員のお兄さんにギターケース可愛いですね、と話かけられ、ポーターとコラボなんすよとうちの子自慢。ただ重いしかさばるんですけどね。

二人掛けのオレンジ色のソファに一人で座る。猫のように高いとこ好きな私。店が見渡せてなかなかいい。

これ夜はカップル席なんだろーな。確実に。隣と少し空いてるし落ち着くもん。

店にはスクリーンがあり、抽象的なグラフィックが流れていた。
パーティもありだろう。

グリーンハウスの名前のとおり店が全体緑色・・なわけではなく。倉庫を改造した感じの店は壁・天井が白、いたるところに観葉植物が店を彩る。ランプやソファもおしゃれだ。

だけどー友達に聞いた通り、値札がついてる。売ってるの?これ。自分の座ってるソファを確認。

119490円

・・高いし。

ランチは今日のランチ、白身魚の中華あんかけ。\840。
スープとサラダ、パンorライス付き。あっさり味でちょうどいい量。


平日は作業もできそうな感じだ。でもちょっとだけ暗いかな。
またゆっくり行きたい。



神戸市中央区磯上通4ー1ー25 078ー262ー7077
磯上公園北側から東へ道路渡ってすぐ右手。

カフェ IT

2006年10月03日 14:06

20061023140607

コミュニティサイトでオススメという書き込みを見て行ってみた。

木のぬくもりある店内。落ち着いた雰囲気だから、女性一人でも入りやすい。

ランチは\1000、4種類。 
鉄火丼なんて和食もあり。私はオムライス。スープ、サラダ、ドリンク付き。
オニオンスープは玉ねぎとろとろ、オムライスはやわらかとろりの卵にしっかり味のチキンライス。 コーヒーはちょっと濃いめ。

カウンターにはお酒のビンが気取って並ぶ。きっと夜は違う雰囲気になるんだろう。

場所は大丸東口、北側の道路挟んで向かい。ビル2F。行きやすいというのもいい。

ゆっくり1人でカフェご飯、の定番にしたくなるお店。

カフェ雑貨 WOOL

2006年10月02日 14:06

200610231406082
20061023140608

ほんとは違う店を探してて見つからず、歩き疲れて入った通りすがりのお店。

店はビル2Fこじんまりしていて可愛い小物がところどころ飾られ、コーヒーカップやコースターなど雑貨が並んでいる。雑貨の中には古い鍵などレトロなものも。

温かい雰囲気で木のテーブルでカレーある特製カレーを食べてると誰かの家に来た気分になった。

写真はWOOL特製カレー\700。甘みとスパイスがはっきりお互いを保ったまま共存している感じ。ありそでなさそな味。

他ランチは日替わりランチetc、3種類。お茶メニューも充実。

せっかくなのでコースター\100を買う。袋と名刺には小さな布切れが張りつけられ、手作り感あって可愛い。

くせになりそうなカフェ。おすすめです。

地下鉄海岸線みなと元町駅から西に横断歩道を渡り、北へ進みすぐの角(迷彩の服屋さんがある)を左に曲がってすぐ右手。ビル2F。