文字色 この世で二人なら名前はいらない - 路に生きる

この世で二人なら名前はいらない

2010年12月13日 23:44

軟禁状態の中、人知れず娘を産み育て、名前をつけなかった。
というサスペンス小説があって、衝撃をうけた。

人の名前は他の人と区別するためのもの、だとすると。
三人以上の時に名前をつける意義が生じる。
二人だと区別の必要はない。一人が自分でもう一人が他人、それは明確だから。

ではもしこの世で二人ならば、自分ともう一人としか関わらない生活を送るという状況があったとしたならば、お互いの名前は必要ないんだろうか。
一人ならば必要はもちろんない。
でもあなたや私ではなく、区別の必要はなくとも、やはり名前は欲しいって思うものなのかな。

区別以外に名前の意義ってなんだろう。
ってずっと考えてるところ。

名は体を表す、大切なもの。
その人だけの特別なもの。
一生使うものもあるし、活動によって使うものもある。

私は自分で自分だけの名前をつけたかった。
だから今の名前をつけた。

私の名前は路生です。
あなたの名前はなんですか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)