文字色 一般人って何 - 路に生きる

一般人って何

2011年02月07日 23:33

芸能人と一般人、プロスポーツ選手と一般人。
一般と比べて羨望と嫉妬を感じて使うのは別にいいと思う。
特殊だ特別だとされるものに抱く感情としてよくありえること。

だけど批判する時持ち出す一般人は嫌なことが多い。

対象の職業や団体によって一般人の定義もかわってくる。
芸能人やジャーナリストが、「我々一般人のことを政治家はどう考えてるのか」と言うように。

何か不祥事や事件が起ると、時として個人ではなく職業や団体に対して辛辣になる。
そんな時に一般人という言葉を使うと、あたかも一般の代表意見であるかのようだ。
一般人をかさにきて糾弾するのはさも当然の権利である、その姿に皆同意するんだろうか。違和感はないんだろうか。

不祥事が起こった時はもちろん、普段から危惧して世間の目を気にしすぎる団体側もどうなのか。

当たり前だしわかってるはずだけど、一部の人が悪いのであって他は真面目に普通にやっているのが往々の話。
犯罪組織でない限り。

他の人たちが迷惑被るのも不運なこと。
団体の代表者も一部のことを謝罪する責任はあるだろうけど、他に非がないのであれば、基本的には堂々としていて欲しい。
そりゃ不祥事真っ只中は難しいかもしれないけど。

世間の目は厳しいから重々気にして生きなさい、だって。
そんな指導って頭おかしい。
世間の目は厳しくなっているが、気にしすぎずに今までどおり一生懸命やってくれたらいい。
そんな風には言えないものかね。

一般人とそれ以外って分けて批判したがるけどさ、団体側の人間だって言えば普通の一般人でしょう。
やりやすい相手の時だけやり玉にあげるのってどうやねん。

気持ち悪いし腹だたしい。
個人や団体名を取りだして批判するのが好きではないから曖昧な言い方になってしまうけど。
最近の話題とかだけじゃなく、今日身近で聞いたことからいろいろ考えが広がってきて書きました。
一般人って誰なんでしょうか。

また明日。

2/11(金祝)春日野道ぴらにやカフェ
open13:00/start14:00 飲食代のみ
生音ライブ。ゆったりプチワンマン。

2/12(土)神戸16bit
open18:00/start18:30 2000円

2/13(日)深江橋アンコールスター
OPEN 16:00 START 16:30 1,500円(ドリンク500円)

ワンマンライブ!!
2/27(日)神戸16bit
路生ワンマン「みちにいきる」

open18:30/start19:00 2000円

ライブ情報詳細→こちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)