文字色 お化け屋敷 - 路に生きる
FC2ブログ

お化け屋敷

2006年11月03日 23:20

知り合いの行っている、大阪デザイナー専門学校の文化祭へ行ってきた。

特殊メイク科の彼女主催のイベントはーお化け屋敷。

何も考えないで友達と二人で学校へ。

「お化け屋敷って・・苦手なのよね。」
ふっと何気なく言うと、驚いた友達。

「ええ!?私も苦手やで。」

「ホントに?嫌だよねえ」
「うん、嫌だよねえ・・」

学校を目の前に立ち止まる二人。
でも、ここまで来たし。
来ちゃったもんはしょうがないし。

嫌々、二人地下へ。

有料のわりになかなか盛況のお化け屋敷。
順番待ちをさせられてる間に出てきた男女のグループ。
「めっちゃ怖いで~!!」と興奮状態で言い残して去っていく。

友「あれ、さくらやで。5分に一回まわってくるねんて。」
私「なー!!」


「ジリリリッ」「キャー!!」「ジッージッー」「ワッー!!」

聞こえる奇妙な音に叫び声。

出てきた女の子グループ。
「もー嫌やぁ!怖いしぃ。」

友「あれも、さくら。行ったやろ、5分に一回まわってくるって。」
私「・・ホントか?ー私、トイレ行っていい?戻ってこなかったら先一人で行ってくれていいから。」
友「私こそ行ってくるわ。小一時間ほど。」

そんなことを言ってたら来ましたよ順番が!

おそるおそる入るとー

気持ち悪ッ!!
なんかわからんけど気持ち悪ッ!!

人倒れてくるし、追ってくるし。

追われるの大嫌いな私。
ゲームも敵が追ってくるマリオの海中の場面とか大の苦手。

でも、前にある未知な怖いもののとこへ進むのも嫌な私。
八方ふさがり。
になるとこだった、一人なら。

よかった、友達いて(涙)

怖いから走るという友。
手を引いて出口まで猛ダッシュ!!

「うわばき返して~」というお化けに、
「うわばきなんか持ってないわ!!」と言い返し。
とにかく走る友。

なんて心強い。

あとで話したところ、二部屋あったお化け屋敷は、どうやら第一の部屋が学校、第二の部屋が病院だったみたい。

全然認識する余裕もなく。
学校の子が時間かけて作ったセットや小物も見れず。
いや、一瞬見たところ、凝ってて頑張ってたよ。

とりあえず、私は行ったぞ!!という
なんとなくの達成感を胸に、大阪を後にしました。

もう行くまい。
ちょっと楽しかったけど。
でも、もう行くまい。

三ノ宮ではもう一人友が加わり、三人でお茶タイム。
GREEN HOUSEはさすが休日、混んでてちょい待ち。
レアチーズケーキとカフェオレで2時間ねばり、退散。

歩き回って足疲れた・・。
どうも体力の低下を著しく感じる今日この頃。