文字色 曲の骨ができた - 路に生きる

曲の骨ができた

2011年12月08日 23:35

歌いたい、とにかく声を出したい、ってスタジオに行ったらば。
そういう時って、前からある曲はもちろん、今作り途中の曲も歌ってみるもので。
サビだけできている曲はサビだけ。いい感じだなあ、早く続き作ろうっと、って気分になる。

だけど、今日は少し違ってサビを歌ったら、歌詞がわいてきて。
あれよと言う間に曲の骨格である詞とメロディーができた。
家でなかなかできないのに、スタジオでできることもあるんだなあ、と。
人からしたら別に大した話じゃないのはわかってるんだけど、スタジオで曲ができるのが自分の中で新鮮すぎたので、言ってみました(笑)

曲の骨ができたものの、人前にお披露目するにはまだまだ。
イメージを話すと。曲ってある意味一人の人間を作るみたいなもの。というと大げさかなあ。
骨ができて肉がついて顔と体ができて、服を着せて、歩き出す。
赤ちゃんで生まれるというよりは、元々少年少女以上の年齢で生まれる。方が私の印象としては近い。
もちろん赤ちゃんからっていうイメージもいいんだけど、人前にうちの子ですって紹介する時は思春期から青年の歳にはなっている。
少年、少女、ということは。変な話、性別もある。言葉づかいも一人称二人称も、曲によって違う。
顔や体もそう。性格や好みもある。

さらに言うと、核を作るのは私だけど、人前に出たり、音源が他の人の手に渡ったり、となっていくと。
私以外の人の力や環境の中で彼、または彼女はどんどん変わっていく。
愛されて成長して、走り回ったり寄り添ったり。自分の子を作り育て、育っていくのは嬉しいし、手を離れていくのはなんか不思議な感覚。

こんどの子はまた可愛い娘になる予感。まだ骨だけどね(笑)
名前もつけてあげなくちゃ。

こんなイメージ、伝わるかしら(笑)
早く子どもたちをお見せできるように、がんばりまーす!

[ライブ情報]
12/17(土)湊川一番星食堂
open18:00/start19:00 1000円(1drink別)

12/25(日)神戸16bit

ライブ情報詳細→こちら

[メールマガジン] ※次号は、12/12(月)発行!
こちらにアクセス→みちにいきるメールマガジン
または、空メール登録→こちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)