文字色 誰かのためは自分のため - 路に生きる
FC2ブログ

誰かのためは自分のため

2012年11月28日 23:10

誰かのために生きる、って言い方が好きじゃない。
なにか違和感をおぼえる。

そういう人を否定しているわけではないし、自分より誰かを優先して生きるというのはすごいことだと思う。
多分自分でそれを言うのがなんか違う気がするんだろう。

自分より人を優先したり、人のために何かをしたり、ということを好む人がいる。
相手にも状況にもよるかもしれないけれど、基本的にそういう性格という人はいるもので。
周りにも、驚くほどに自分を二の次に他人のために動く人がいて。
そんな人が口にするのは、自分が好きでやってるので気にしないで、って言葉。
役に立ったらよかった、喜ばれたら嬉しい、それでいい。それは本心なんだろうなあって思う。

「あいつのためにしてやった。なのにお礼やお返しがないなんて失礼な奴だ。」
「私は自分を犠牲にしてあの人のために尽くしてきた。なのにこんな扱いはひどい」

見返りを求めてしたことや、義理でやったことは、相手の対応が悪いと憤慨してしまう。
してあげたのに、という言い方がそう。

それを別に責めるわけじゃない。
世の中いろんな人がいていろんな関係があるもので。
義理人情というのはいいものではあるけれど、形式上・立場上仕方なくすることもあり、相手の対応が悪いと不満が爆発する、なんてこともよく起こりうる。

ただ、人のためにするのが本当に好きな人、というのはそうは思わない。
喜んでもらえたら満足、もし気にいらなければ残念。
自分が悪かったかなあって気にするくらい。

だからきっと自分より誰かのためにつくす人というのは。
それを好んで自らすすんでする人は。
誰かのために生きるなんて言い方はしない。

誰かのためになることが自分のためになるんだって。
それで自分は幸せだって言うんだと思う。

誰かのために生きる、って言葉は私には自分のためを否定しているように聞こえてしまう。
第三者がそう言うことはあるしそれは悪い意味じゃないのはわかる。
でも、あの人は自分を犠牲にして、なんて言い方はやっぱり好きじゃない。
本人はあんまりいい気がしないと思う。もちろんそれは状況にもよるけれど。

自分のためになることを、自分が楽しい嬉しいと思うことをできたらいい。
それが人のためになること、だったらとてもいい。
逆に人を傷つけることだったらしてはいけない。
人を傷つけてはいけないというのではなく、自分の喜びのために故意に傷つけるのは絶対違う。

何をするかどう動くか。
気持ちの持ちよう、なんだろうけどね。
何事も。どんなときも。

[ライブ]
12/1(土)日本橋太陽と月
12/2(日)三宮北野VOICE
ライブ情報詳細→こちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)