文字色 ろせいカフェ 第9回(突発Ust) - 路に生きる

ろせいカフェ 第9回(突発Ust)

2013年02月07日 23:59

生のライブにご来場いただける方というのは誰が来られているかはほとんどわかるもの。
それは裏返せば把握できるくらいの人数のお客さまであるとも言えること。
数え切れないくらい、誰が誰かわからないぐらい、たくさんのお客さんに来て観ていただけるのは夢。
それはもちろん、として。

ひとりひとりのお顔がわかるのは、それはそれでとても嬉しいことで。
感謝も伝えられるし、直接の反応をもらえるというのは刺激にも力にもなるのです。

対して、誰が観てくれているのかわからないのがネット媒体で。
UstreamというのはPCやスマホという環境さえあれば誰でも観れるもの、視聴者数はわかっても特定はできない。
だから「ろせいカフェ」ではどんな人が観てくれてるのか考えながらしゃべっております。

ユーストがテレビやラジオと違うのは、ソーシャルストリームで視聴者が書き込みができるところ。
オンタイムでコメントを見て、放送をしている側が返事をすることができます。
あんまりそういうのは慣れない、という方もいると思います。
私も自分自身誰かの番組にコメントをつけることが少なく、こっそりのぞいてることもあります。
だからそういう方の気持ちもわかるうえで。

放送をする側、発信側になって、ソーシャルストリームの書き込みがどれほどありがたいかに気づきました。
誰が観てくれてるということがわかる、これがまずひとつ。
そして視聴者の方と会話ができるということ。
私のようなひとりしゃべりは特に、誰かと言葉のキャッチボールができるのは嬉しいもので。
ひとりではいつかは行き詰まることも、ぽんと誰かがコメントをくれるだけで、話がどんどん広がっていきます。
多分想像されているより、はるかにコメントって大きいものなのです。

話の流れによって全部は拾えないし見逃してることもあるのですが、あとでチェックしています。
その場でもソーシャルストリームが、コメントを書き込まれてることによってどんどん動いてる、というのを確認するだけでもテンションが上がります(笑)

観て聴いてもらっている方、よかったら気が向けば書き込みをしてみてください。
わかりますー僕もスイカが好きです(例。なぜかスイカ)みたいな感想でもいいです。
簡単な質問でしたらその場で答えられます。

私が嬉しいのはもちろん、視聴者の方自身も楽しめるのではないでしょうか。
一緒に楽しい番組にできたらいいなあと思います。
次の機会によろしければぜひ。



という文を2/5のUst放送のあとに書いていました。

そして今日、突発Ustream放送。初のゲストを迎えて。
流れでやってみた、ふたりトーク。なんだかんだでとても面白かったです。

急きょにかかわらず、たくさんの方が観て聴いてくださったようで。
コメントもいっぱい頂きまして。ありがとうございました!

後日podcastで配信もしまーす!
お楽しみにー!
http://roseicafe.seesaa.net/

「ろせいカフェ第9回(突発Ust)」2/7(木)22:15-24:00 
ゲスト:てふてふ
・ふたりの関係は突発
・ポテチ祭りとうまいBOY

一緒に写真とか撮り忘れた。
食べ比べたポテチ達でも。
DSC_1798.jpg
今回のような突発でしかも誰かと一緒にというのはまれですが、また何か機会があればということで。

次のUstは通常に戻ってのひとりしゃべり。2/19(火)21:00頃予定。
ぜひ観に聴きにきてくださーい!
http://www.ustream.tv/channel/roseicafe

[ライブ]
2/11(月祝)三宮北野VOICE
2/17(日)神戸16bit

ライブ情報詳細→こちら




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)