文字色 そばもん - 路に生きる

そばもん

2013年08月28日 23:00

そば屋で待つ間、「そばもん」という漫画を読みました。
そば職人の達人の孫が全国各地を放浪しながら、繰り広げる人間ドラマ。
その中で出てくる蕎麦の知識の数々。
なかなかしっかりと専門的な、徹底した蕎麦漫画でした。

そこで出てきた達人の孫であり自らもそば職人である主人公と、見習いの職人との会話。

"おまえさんは蕎麦が好きかい?好きか、それなら第一段階は合格だ。
次は、その好きな蕎麦に対して、自分がふさわしい人間になれるかどうかだ。"

っていう内容があって。
すごい言葉だなあと思った。

好きなものに対して、自分は相応しい人かどうか。
相手が人だったらそんな言い方をすることもあるだろうと思うけど。
好きなものに対して、と言われたら、うーんってうなってしまう。

音楽に対してふさわしい人間か、と聞かれたら。
音楽はとてもなじみのある親しみのあるものだと思っていても、いざそう言われたらば。
あまりに「音楽」って大きすぎて、自分がふさわしいかなんて言えない気がする。
でもだからこそ、ふさわしい人になろう、って頑張るんだろう。
それほど偉大なものにふさわしいと言えるようになるには、相当努力しないといけない。
それでもなれるかなんてわからない。
ただ言えるのは、正しく生きないと、せこい手をつかって一見ふさわしいように見えるようになってもいけないんだろうなあってこと。
胸を張っていたいもの。

そんなことを考えました。
他のエピソードでも面白いものがあって。
また蕎麦屋に行ってそばもん読まなきゃ。


週末の天気予報は雨。台風も近づいているようで、このままだとビアガーデン開催が難しいことに。
心配ですが、こればかりはお天気なので様子をみるしかないですね。
決定するのは当日になると思います。
決まり次第お知らせしますので、ご予定の方はすみませんが当日までお待ちください。

せっかく予定していたライブなので当然やりたいです。
台風それるとか消えるとか、嘘みたいに晴れるとか。
願っております。

[ライブ]
8/31(土)ヤマトヤシキ加古川屋上ビアガーデン
9/1(日)神戸16bit
ライブ情報詳細→こちら


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)