文字色 砂時計 - 路に生きる

砂時計

2013年11月01日 01:08

この街はずいぶん変わった
一緒に行った店はもうない
まだ思い出せるのに
次々塗り替えられていく

指の隙間からこぼれ落ちる
いつだって つかめない
大事にしていても
ここにとどまることはない
砂のように

この道は今でも続いてる
一緒に来た景色と違っても
まだ思い出せるから
すべて終わったわけじゃない

あの娘が笑う あの子が泣いた
誰かが憎み悲しみ震えたとき
心安らぐ 愛を感じたとき すべて
同じとき

流れ 流れ 流れて
砂のように
幾度 幾度 重ねて

君と僕もずいぶん変わった
一緒に歩いた時からもう
まだ覚えているから
なくしたわけじゃない