文字色 セッション&EVER6ライブ - 路に生きる
FC2ブログ

セッション&EVER6ライブ

2006年12月27日 23:16

ボーカルの発表会で知り合ったガンニール君がカホンをやってる、
と聞いて一回セッションしよう!ということで、私の曲でセッション。

自分の下手さを痛感しつつ、合わすっていいなとつくづく。

お茶をしつつ音楽話に花を咲かせ。
面白かった。

この日誕生日だった彼。そんな日とは知らず呼び出してしまい(汗)
知ってたけど、改めて年聞いてあ然・・。
で、でも年の差なんてね。音楽の前では関係ないもんね。


その後、EVER6を観にアートハウスへ。

"三矢の教え"60分1本勝負スリーマンライブ
EVER6 / ロマンジスタ / Anders Klang

スリーマン!ということで、1バンド1時間!

トップバッターのEVER6、ボーカル中本くんの口から重大発表。

解散・・。
ライブ観るの二度目でファン歴浅いけれど、
なんだかすごいショックでその後中本君がかすんで見えた。

好きになったバンドが解散って寂しい・・。

ライブはたくさん曲されて、とてもよかったのだけど
悲しいなーってずっと思ってて。

そんな時に次のバンド、ロマンジスタ登場。
すごいいい感じで、かっこいいなーって。

そうしたら・・続けて悲しいお知らせ。
ロマンジスタのベースさん脱退の発表。

「悲しいことがありました。
ベース脱退の話をある人にしたら、
そいつは『よくある話だよね』と言いやがりました。
そんなの、よくあってたまるか!!
バンド解散とか、メンバー脱退なんて、よくあってはいけないことだと
思うんです。」

ボーカル&ギターさんのMC。
溢れそうな想い。泣いてうつむく女の子。
胸が張り裂けそうになった。

それと同時に、ちょっとドキッとした。
解散とか離婚とか、第三者的に見ればそう言ってしまうことがある。
けど、当人にはどれだけそれが重大で痛みを伴う出来事か。

自分のバンドのことも思い出した。
あの当時、バンドは自分にとって大きなものだった。

時が過ぎて、バンドのメンバー脱退の話を、自分でよくある話と言う事もあった。でも、そんな風には絶対言うべきじゃないって思った。
そんな簡単な言葉で済ませるほど、単純なものじゃなかったってこと、
そのときの痛みとともに思い出した。

すごくいい音楽の波の中で、切なくなった夜だった。


昨日はライブハウスが終わり、
今日は一組のバンドがメンバー脱退、一組のバンドが解散、と
今の形の終わりを発表。

終わりはつらいけど、その後は何かの始まりって信じたい。

EVER6もロマンジスタも、新たな形で続けていかれるはず。
大変だけど、頑張ってほしい!
応援してます!!

ラストライブはできる限り行きます!!