文字色 20世紀少年 - 路に生きる
FC2ブログ

20世紀少年

2008年06月24日 23:04

ひたすら読んでた。

漫画喫茶に行くと、前に途中まで読んで続きが気になってた漫画を片っ端から読みたくなる。
20世紀少年もそのひとつ。

ありふれた昭和の小学生の日常。
仲間の一人が書いた予言の書が、大人になった彼らを、混沌とした世界へと導いていく。
壮大なSFサスペンス。

昭和と現代のリンクが面白い。「ともだち」にゾクッとするんだ。

実写化されるっていうし、公開までに読んでおこうと思って。

ネットで検索したら、辞書サイトにほとんどストーリー書いてあったんだけど。あれはひどい。丁寧すぎ。みんな漫画読もうよ。

主人公ケンヂは誰も止まらなくても弾き語りで歌を歌い続けていた。
その歌は荒れた街でラジオにより配信され、人々の心に希望をもたらす。

作者の浦沢直樹は歌がギターが好きで、弾き語りもしてるんだって。テレビのドキュメント、ライブハウスでケンヂの歌を歌ってた。

ミュージシャンへの夢や憧れも込められてるんだよきっと。この話。
なんていう目でも見てみて。

まだラスト読んでないんだ。あとちょっと。気になるわ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)